なにわ名物大阪みやげの「なにわ名物 いちびり庵」 大阪(なにわ)情報広場で大阪地域情報発信、いちびり庵オンラインショップで販売!

PCクーポンでお得なお買い物♪
banner
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
黄色字は通販業務のみ定休日
いちびり庵携帯版
ケータイクーポンで
お得なお買い物♪ banner banner banner その他人気ランキング

せのやいちびり庵について

本社 〒542-0076
大阪市中央区難波1丁目7番2号
フリーダイヤル:0120-554-728
営業本部 〒542-0075
大阪市中央区難波千日前5-19 河原センタービル5F
TEL:06-6636-7280 FAX:06-6636-7282
Email naniwa@ichibirian.net
代表取締役社長 野杁育郎
専務取締役 福岡 武志
設立 昭和49年10月 (創業天正年間)
資本金 1,000万円
年商 10億2,200万円(税抜)
従業員 60名(パート含む)
取引銀行 りそな銀行難波支店 みずほ銀行難波支店
三菱東京UFJ銀行難波駅前支店 商工中金船場支店
業務内容 大阪名物・観光みやげ専門店・茶房の経営
なにわ新名物の企画・開発、小売・卸、通信販売
なにわ名物ショップ・催事の企画・運営・コンサルティング
都市型集客産業ビジネスの企画・立案・コンサルティング
取扱い商品 新なにわ名物(食品・雑貨)、大阪名産品、ファッション雑貨、ファンシーグッズ
ステーショナリー、菓子、キャラクターグッズ、キーホルダー、アクセサリー
駄菓子、衣料、懐かしの玩具、ほか
関連会社 有限会社なにわ創信舎
株式会社 千客萬来考社
関連ホームページ 「なにわ名物開発研究会」

株式会社せのや会社沿革

「豊臣秀吉、大阪城築城の頃(16世紀末)本家せのやが紙問屋として妹尾氏により 大阪二つ井戸にて創業。明治になり、現在の戎橋筋にて欧米文具 の店を開く。のち に、本家没後「分家せのや」のみ紙文具店として存続。戦後、同地において「せのや 文紙店」として復興、営業を続ける。昭和30年代より一部ルームアクセサリー、工 芸品、進物用品の取扱いを開始。昭和34年、現在の店舗ビル(鉄筋3階建)に新 築。

昭和49年、店舗を全面改装、GIFTPLAZA SENOYAと店名も改め、ファンシー・バ ラエティショップに業態転換、同時に法人化。昭和52年 、初代社長、野杁金之助 が辞任、現社長、野杁育郎が就任。同年,11月2号店(鴻池)オープン、54年3号店(東 岸和田)、55年4号店(おおとり)、58年5号店(新金岡)オープン。昭和59年、企画 室ショップメーカーズ開設。同年、10月ファッション雑貨店 パティパン(堺東)を オープン。平成元年11月、戎橋店を全面改装 IKURO by SENOYAと店名 変更。

平成5年、なにわ名物の商品販売を開始、新感覚の大阪観光みやげの販売をはじめ る。平成8年「なにわ名物開発研究会」の設立に参画、代表幹事に就任。新なにわ名 物を企画・販売する「なにわ名物事業部」を新設。同年6月、南港・ATCオズに「な にわ名物開発考社」を、11月 千日前ワッハ上方内に「上方演芸笑店」をオープン。 平成13年12月「なにわ名物いちびり庵」千日前店オープン。14年4月本店改装「なに わ名物・いちびり庵」、大阪みやげ専門店と茶房なにわ文庫を展開。同7月「いちび り庵天保山店」をマーケットプレース・なにわ食いしんぼ横丁にオープン。15年4月 同処に「港町ミルクホール」開業。16年4月、セラヴィスクェア中座に「道頓堀店」 オープン、9月、「アメリカ村店」オープン。平成20年7月「戎橋本店」リニューア ルオープン。同10月「なんば店」をオープン。21年7月、 「道頓堀店」が「中座くいだおれビル」として50坪に拡張リニューアル。」